賭博は日本では法律違反

賭博は日本では法律違反

日本人にとってはコレは、わかりやすい表示だといえるとおもいます。

賭博は日本では法律違反になりますので、日本に支店などを置くことがブックメーカーの運営企業はできないのです。

そして、各国から大幾つもの参加者が世界各国で展開されてるブックメーカーでは、賭けをしています。
そこで重要になってくるのがオッズです。
全世界にブックメーカーを運営してる企業は500社程度ありますが、日本にはありません。

オッズの表示がコレを見て賭けをする人が多いので、一番重要となります。
まず1つ目はDecimalで、倍率が2.5倍の時は100ドル賭けると250ドルになるという小数点で表されてるのです。
このオッズの表示の手法は国によって、ことなっています。

-210の場合は210をベットして勝てば100手に入るというイメージでしょうか。

-は100を得るために必要な掛け金を示しています。
2つ目はAmericanで、アメリカ独特の±の表記で表すオッズ表示をする方法です。
シンプルにいうと、+は配当を100を基準とし、示しています。
ウェブサイト上でこれは変更出来ますので、自分にとってどれが馴染みが一番あるかを把握した上でするのが一番困難な方法です。

基準額を100として、100ドルを 賭けて当たれば+130ならば、100ドルと130ドルが手に入り、110ドルかけて的中すると、逆に-110ならば、110ドルと100手にドルが入るという意味で、チョットこ ちらはややこしいといえます。

その為、3つのオッズをブックメーカーの大いくつもの企業では採用をしてます。

3つ目はFractionalで、オッズ表示は分数によるものです。この方法が欧州などでは基本です。ほとんどがブックメーカーも欧州の企業ですので、この方式と基本はなっています。元本はここには含まれていませんので多少ややこしいです。デシマルにフラクショナル形式を換算するのは分数の両方を足して、分母で割り算するとでてきます。たとえば、2+1=3、3÷1=3という感じで2/1の場合は 3倍の配当となります。100ドルを賭けた場合は、300ドルの配当、そして元本の100ドルを差し引くと200ドルの利益。といった感じです。


ホーム RSS購読 サイトマップ