取引にはネッテラーを利用

取引にはネッテラーを利用

イギリスにあるネット銀行で、ネッテラーとは日本で言えば楽天銀行やジャパンネット銀行のようなものでしょうか。

ブックメーカーに賭け金を入金をやったり、賭けに勝った配当を受け取ったりする場合の手法に関して、ご説明します。
最もブックメーカーとの入出金に要する時間が短く、入出金に関る手数料も、最も安く済みます。

たとえば、為替手数料がネッテラーで使用通貨と各ブックメーカーの通貨をおなじにすればかかりません。
また時間もかかりますし、それに海外送金手数料も安くありません。

次に、クレカカードですけど、ブックメーカーでの利用を日本で発行をされているクレジットカードの大半は、禁止をしてます。

ここで登場をするのがネッテラーです。

大いくつものオンラインカジノとかブックメーカーを前提とした場合の決済処理にネッテラーは、使われていますので、ほとんどネッテラーだけで一元の管理が可能デス。

まず、ブックメーカーへ直接銀行送金をするという手法もありますが、海外との取引を考えるとうまい方法ではありません。

禁止している理由は、日本国内で主催したり参加をするのが違法である事から、外国のブックメーカーへ参加するのは違法ではないのですが、あまりクリーンなイメージではなくグレーゾーンにかかるためです。

為替手数料がネッテラーとの入出金にはかかりますが、ネッテラーが持っている日本の銀行口座へ入金は入金出来ます。
通貨が為替手数料が異なりますので、毎回発生していまいます。

また、ゆうちょ銀行やセブン銀行のATMで、ネッテラーカードを持てば現金を引き出すことが出来ます。
ほとんどのプレーヤーは、このようなメリットから、ブックメーカーとの取引にはネッテラーを利用しています。


ホーム RSS購読 サイトマップ