スポーツベッティングを楽しむ場

スポーツベッティングを楽しむ場

ブックメーカーで賭けを楽しむというスタイルは、、私達日本人がJRAや、ロト6、TOTO(スポーツ振興くじ)を買うのとおなじくらいに、発祥地域である欧州にとってブックメーカーが、モチロンな文化としてもはや確立をされています。

100%ヒルトングループが出資をしている「Ladbrokes」などがあります。
日本語に「ブックメーカー」を、当てはまる言葉で言うと、イメージはそんなに良くありませんが、いわゆる「ノミ屋」となります。
ブックメーカーとは、まずはじめに大抵イギリス政府公認の、ギャンブルの対象としてスポーツや日常の出来事を請け負う元に当たる会社のことを指します。

国によって法律が当然違いますから、一部の州を除き、アメリカは認められてはいません。
現在では、世界の様々な場所のほとんど対象とスポーツがなっていて、サッカー、テニス、バスケット、ホッケー、野球、アメフト、バレーボールやクリケット、それいがいにも主要なリーグはもちろん2部3部リーグ、そしてワールドカップやオリンピック、世界陸上、格闘技などの国際大会、ダーツやスヌーカーなどといったユニークな競技にもオッズがついてます。

それに、公営のブックメーカーのみがシンガポールやカナダなどでは許可を貰っている国もあります。
だが、政府の認可制で、イギリスでは民間がブックメーカーを開業するようになっているのです。
レアル・マドリードのスポンサーである「bwin」が有名なところです。

この「ノミ屋」、法律で認められた公営競技の胴元以外(いわゆる私設の「ノミ屋」)は、日本では全て違法行為となります。なので、「ブックメーカー」を日本では旗揚げすることは出来ません。

スポーツベッティングを楽しむ場として、ブックメーカーは今ではまだそれほど世間には知れ渡ってはいませんが、新たなオッズやスポーツを分析して稼ぐ投資市場としても注目を集めています。
初心者の方でも分かるように当サイトでは解説していますので、お試しでまずは挑戦してみてはいかがでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ